視覚効果【熱伝導率】木の家の魅力

熱いみそ汁を、のむ知恵

日本の食生活にレンゲやスプーンが定着しなかった理由。
それは、味噌汁を飲む木のお椀にあるといわれています。木のお椀なら手にとって口を付けても熱くない。すするときに味噌汁が空気に触れて飲みやすい温度になる。 さらに、木には陶器や金属の食器に比べて冷めにくいという長所もある。 木のお椀はその断熱性や保温性をうまく利用した、まさに日本人ならではの知恵の集大成といえましょう。

熱伝導率

木の熱伝導率は、なんと鉄の五百分の一、そしてコンクリートの十分の一。とても熱を伝えにくい性質を持っています。
そのため、たとえば熱い味噌汁が入った木のお椀でも、手にとって美味しく飲むことができるわけです。 多孔性素材である木は、その無数の微小空間の中に熱伝導率がゼロに近い空気をたくさん封じ込めています。 もともと熱を伝えにくい木の中に、さらに熱を伝えにくい構造を持っている。
触ったときに、金属やコンクリートのように“ひやっ”としないのは、気が手の熱を奪わないからなのです。 また、温もりを感じさせる木の触感として、木肌に手で触るとリラックスするという「安らぎ効果」も、林野庁の森林総合研究所が科学的に立証しています。

熱伝導率測定結果

試験体 熱伝導率[W/m・K] 備考
無垢の家の内装材
自然塗料塗装
0.1069 他素材の伝導率
鉄 44.88
コンクリート 1.09
無垢の家の内装材
レギュラー塗装
0.1151

住宅展示場のご案内