こだわり木の家の魅力

日本の美意識、江戸の絆

昔から寿司屋のカウンターは「三寸二間柾目のヒノキ」と相場が決まっています。しかも柾目の無垢となれば、相当の大樹からしか切り出せません。価格的にも柾目は板目の倍以上。それだけ値打ちにこだわるところに、日本人としての美意識と、永年承継してきた江戸の粋があるのです。美しい無垢の木に抱く揺ぎ無い価値観。
それは、日本人の血統として暮らしの中に生き続けています。

住宅展示場のご案内