真似のできない紋様美木の家の魅力

反りや伸縮は快適の証

木目には、自然界にしかつくり得ない個性豊な表情があります。
それは、その木が永い年月を生き抜いてきた歴史そのもの。 根付いた場所や自然条件などの影響でちょっとした“チャームポイント"が刻まれることもあり、 同じ木目が他に含まれることはありません。 プラスティックなどの材料に人工的に節などを印刷してもどこか不自然さを感じてしまいますが、木は生き物だから自然なのです。
「無垢の家の内装材」には、本物の無垢の木だけがもつ多彩な表情が生きています。 しかも日本人の美意識に響く、「柾目」にこだわった美しい縞模様の木目が特徴です。 たとえば、暖かな陽光が差し込む午後のリビングダイニングで、床に敷くつめられたフローリングの一枚一枚を「鑑賞」するひと時。 そんなゆとりが生まれるのも、「無垢の家の内装材」だからこその心地いい贅沢です。

住宅展示場のご案内