反りや伸縮は快適の証木の家の魅力

生きているからこそ人に優しい

反りや伸縮は快適の証

無垢の木からつくられる「無垢の家の内装材」は建材になっても生きていて、調湿作用を発揮します。 湿気を吸い込むと伸びたり膨らんだりし、逆に湿気を吐き出すと縮みます。
それが、寸法が微妙に変化する特性となりますが、反りも伸縮もしない無垢の木材はありません。 言い換えれば、反りも伸縮もしない無垢の木材はありません。
また、方向によって伸縮する量も異なるため、その性質を知った上で使いこなすことが大切です。 「無垢の家の内装材」の建具は、幅方向の伸縮が少ない反りにくい、贅沢な「柾目取り」。 また、吸湿による伸びの影響を受けにくい構造も採用しています。 それでも生きている以上、梅雨の時期や冬場の乾燥した環境では木の表と裏の水分量のバランスが崩れて一時的に反りが起こる場合がありますが、環境に馴染んでくると水分量のバランスがとれて、またもとに戻っていきます 。

住宅展示場のご案内